創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.03.01
解雇と解雇予告手当【スタッフブログ】

段々と暖かい日が増え始め、いよいよ3月となりました。

これから新入社員を雇う季節です。そこで、雇い入れではなく、「解雇」についてまとめました。

 

解雇予告手当について

雇用主は労働者を解雇する場合、原則として少なくとも30日前に予告するか、
予告しない場合は30日分以上の平均賃金を支払わなければならない、とされています。

そして、必要となる予告日数は、平均賃金1日分を支払った日数分だけ短縮することができます。
この解雇予告の代わりに支払われる最低30日分の平均賃金のことを、解雇予告手当といいます。

 

ただし、解雇予告手当は名前の通り、「解雇」の場合のみ発生し、
解雇以外の場合には支払義務は生じません。

例えば、労働者の一方的な解約の意思表示である「辞職」や、
雇用主と労働者の合意により労働契約を終了させる「合意解約」については
「解雇」には、該当しませんので、当然解雇予告手当の支払い義務はありません。

 

また、「解雇」であっても、以下の場合は解雇予告制度の適用を受けないため、
解雇予告手当を支払う必要はありません。

 

日々雇い入れられる者(日雇い)で、雇用期間が1カ月以内である場合

2カ月以内の期間を定めて使用される者で、一定期間満了後の延長、更新を行っていない場合

季節的業務に4か月以内の期間を定めて使用される者で、一定期間満了後の延長、更新を行っていない場合

試用期間中の者で、雇用期間が14日以下である場合

・天災事変その他やむを得ない理由で、会社自体の事業の継続が不可能で解雇する場合

・労働者に非があって、労働者の非を労働基準監督署が認定した場合

 

雇用主は採用の自由が認められている代わりに、労働契約の終了については
それなりの手順を踏む必要があります。くれぐれもお気をつけください。

 


この【スタッフブログ】は、スタッフが交代で書いています!
・事務所を代表する意見ではありません。
・様々な条件により税務的な判断は変わります。
以上ご了承くださいませ。

今までのスタッフブログはこちら

無料相談受付中!

0120-152-118

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP